Powered by Six Apart

« 2014年11月 | メイン | 2015年1月 »

2014年12月

2014年12月23日 (火)

自宅開放教室「スリーA脳活性化桜草教室」

母と桜草に書いたものを、カテゴリに分けて新しいものから
順に掲載して参ります。

2014年12月22日
自宅開放してのスリーA脳活性化桜草教室は、今年最後の教室でした。
リーダー養成講座in大阪修了生がお二方、お見えになりました。

お一人は保健師を長年され現職は看護大学教授Oさん、
お一人はデイサービスなどのプロの介護職Eさん。
お二人のプロの見守る中での脳活性化教室でした。


脳機能低下段階の方々はとてもナイーブ。
お初の方には気を使って
「自分は古くからスリーAをしているので、間違えないようにしよう」
というのが働き、緊張なさっているのが伝わってくる。

スリーAゲームはどんどん進み、
O氏から「先生、どんなものだい!」と
間違えないで出来たゲームの時に自慢げな言葉が出る!
私は「参りました!」と応えると、とても嬉しそうな笑顔です!

お手玉回しのときには、いつもは少人数のせいもあり、
どんなにスピードを速めても、代えてを頻繁に入れても、
ほとんど溜まることが無くてお終いになるのが、
今日は、O氏、どこかで「左回り」のときに、つまずいてしまった。
しかし溜まった相手は、真向いの方でした。
・・・ゲームを知らない方には「????」ですね(^^;;;

ドジョウさんゲームでは、
Sさん、いつもは説明を聞くだけで「どうするの?判らない?~~」
と言われるが、今日はそんな言葉も出なくて、とても楽しんでおられました。

机に向って「ビンゴゲーム・テーマは都道府県名」
「大きめの広告パズル13片に破る」
いつものように笑いながら進みました。


新しいトランプゲーム「豚のしっぽ」を取り入れました。
ルールはやりながら説明。
O氏もSさんも、3度ほど間違われましたが、
その先は十分理解されて、楽しまれました。
百人一首の「坊主めくり」と同じような進め方でした。


最後の「じゃんけんタスキとりゲーム」
賑やかに賑やかに、大騒ぎでした!
集合写真を撮って、お茶にしました。

お話は尽きなくて、Sさんのお迎えが来るまで続きました。
OさんとEさんの感想は、また後日頂くとして
「O氏の発病から4年と聞くが、引き止まっているのに驚いた」
「Sさんがお引っ越しされたのにあんなに穏やかで、
お引っ越し先の対応が良いのでしょうね」
「自宅開放されて、こじんまりとして、自然にゲームをして動き、
机のゲームもとっても自然で会話をしながら、良い雰囲気でした」
などと言って頂きました。

このような教室が、地域の居場所、自然な井戸端場所のように
あちこちに出来るのが、地域で認知症予防が出来るのだろうと、
改めて自宅教室の良さを感じることが出来ました。

家族が認知症に早く気が付き、
かかりつけ医が、スリーAの良さを知って下さって
「スリーA脳活性化ゲーム教室に~」との体制が出来れば、
ポストの数ほど出来るはず!

通って来られているO氏、Sさんともに、
ご家族がスリーAの評判を聞いて通いたいと、
ドクターに聞いても知らないし、なかなか此処に辿り着かなかった。
FBやNPOに問い合わせて、此処桜草教室を知ったというお2人です。

この教室のことに関しては、メールでお問い合わせください。

健康なうちの
「転ばぬ先の杖」脳活性化も、
「二次予防」脳活性化も、地域で拡げましょう~!
三次予防は、発病後の事ですので、プロにお任せですが、
スリーAの関わり方「優しさのシャワー」をお教えできれば
間違いなく、重度化予防になります。

2014年12月15日 (月)

宮城県多賀城市・塩釜市・仙台市へスリーA脳活性化ゲーム

店主・ハイジ又の名をfukui
:多賀城市でスリーAを拡げたいと、熱心に売り込んで下さっている
筑波さんの同行記です。福井もコメントを入れています。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 

宮城県多賀城市・塩釜市・仙台市の5か所で
スリーA脳活性化ゲームを楽しんで頂きました。
 多賀城市 筑波裕子pencil
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
club仙台若林区老人会(長寿会)

福井恵子先生が11月21日、26日~28日に
仙台市と多賀城市・塩釜市に来てくださいました。

11月21日(金) 仙台市若林区の老人会に呼ばれて
福井先生・後藤さんと私でスリーAゲームを行ってまいりました。

会長さんは、スリーAの話を後藤さんからお聞きになっていて、
老人会が立ち上がり、早速スリーAにお声をかけてくださったのでした。


22人の参加者(内4~5名が男性)で、社協関係の方も見えました。
初めは何をするのかしら? まちがうのではないかしら・・・。 
と自信がなくてこわごわピリピリして臨まれた方も見受けられましたが、
徐々に笑いが広がり最後には副会長さんの
「このスリーAを続けていきましょう。」のお言葉に拍手が起こりました。

福井:ここでのスリーA脳活性化ゲームは、
参加者の皆さまはとっても楽しんで下さり、
会場の空気までもが「大笑い」をしていました!
とてもよい経験でした。
そして、次も計画したら来てもらえるか?と会長さんから
要望があったそうです・
あちこちの老人会からの問い合わせもあれば嬉しいです!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

club多賀城市 大代東ふれあいサロン

11月26日(水) 
午前中は多賀城市社会福祉協議会主催の
大代東サロンでのスリーAでした。

サロンは仮設住宅ではなくて
市内の民間アパート(みなし仮設)などに住む
被災者が月に1回社会福祉協議会主催で集まる会です。

お天気の悪いなか、開始時間には男性1人を含む10人がいらして、
ちょうど良い「輪」ができました。
社会福祉協議会からの3人にも入っていただき
和やかに始まりました。

日本人には難しいと言われている3拍子が皆さんよくできたり、
社協の若い方が案外できなかったり、
最年長らしき女性がすいすいできて、
どじょうさんでは隣の私はいつも捕まってしまいました。
カタツムリが不得意な方がじゃんけんで優勝したり・・・
チョキは出さずに勝負なさったのかな?(笑)

皆さんご自身が、意外な結果を楽しんでいらっしゃいました。
気になっていた、間違いが多くて間違うことがいけないという気持ちに
精一杯だった方も、最後は笑って福井先生にご挨拶なさっていました。

「老人会に持ち帰ってやってみます」と積極的におっしゃる方、
「帰りに時間があったら家によってがいん」と誘ってくださる方もいらして、
部屋は寒かったのですが、気持ちのよいひと時を御一緒できました。

先にお暇する私たちを、お仲間さん達が玄関まで
お見送りをしてくださいました。
こんなことはサロンでは初めてだそうです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

club多賀城市 陸前山王デイサービス

同じく26日午後、
雨はますます酷くなってきました。
バスで駅まで行き、JR一駅の移動でしたが寒さの中30分も電車が遅れる
というアナウンス。田舎の電車は何が起こるか一寸先はわかりません。
やっとのことで多賀城市陸前山王のディサービス「みんなの家」に行きました。
こちらは10月にリーダーになられた方も合流して一緒に楽しみました。

スリーAに与えられた時間はわずか30分。 
どこまでできるのか気になっていました。
8人の参加者のうち7人が男性で女性は1人でした。 
もう1人の女性は横になって休まれていました。

最年長は96歳男性、耳が遠いのですが、
「聞こえない!」と大きな声ではっきり知らせてくださいます。

そして次の年長の方は91歳の男性と女性、
皆さんお元気でよく話してくださいます。

55歳の車椅子の男性
(高齢者デイサービスには珍しい身体障害者さんでした)
も麻痺がありながらしっかり参加してくださいました。
数のゲーム、グーパー、グーチョキ、リズムの2拍子・3拍子、
お手玉、どじょうさん、じゃんけんと30分でかなりできました。

最年長のショウジさんが
「色んなイベントがあったが、今までで一番おもしろかった!」 
と言ってくださいました。

こちらではお茶を御一緒できる時間があり、
お仲間さんと楽しくお話できました。
スタッフの方も多く、メンバーさんもお元気で
雰囲気の良いデイサービスでした。

帰りは午前中のサロンでお世話になった
社会福祉協議会の事務所に寄って
スリーA脳活性化のお話をしてきました。

福井:何故男性が多いのかを施設長に伺いましたら、
男性の話し相手スタッフを増やしていることと、
障害者をも受け入れていて、
いつの間にか男性が多くなりましたとの答えでした。

50代の男性(T氏)は2年前に階段で転び、
頭を打って寝たきり状態から復活され、
こちらのデイでの応対が良いのでしょう、お話も出来るようになり、
現在は流動食だけど、普通食になり動けるようになったら、
僕のサポートをしてくれるだよね!と話しかけておられました。

男性がこんなに多くて、ゲームをやって下さるんだろうか?
下手なリードは出来ない!と緊張しましたが、
皆さん前向きでスムーズに手の運動、腕の運動など次々と進みました。
T氏は私の隣で、しっかり見聞きしてサポートなしで進みます。
リズム運動は、手が思うように伸びないようなので、
膝ではなく私の肩を叩くようにして頂きました。
少し不自由な手で、しっかりと自分・肩・前でパチンと
3拍子も出来ていました。歌も声を出して歌って下さいました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

club塩釜市のデイサービス

11月27日(木)は晴れて気持ちの良い暖かな日になりました。
午後から塩釜市のデイサービス「縁がわカフェ りら」 に行きました。
7月10日に伺った多賀城市の「なべさん家」の紹介でした。

こちらは閑静な住宅街にあり、
9人(男性3人、女性6人うちお1人は盲目)のメンバーさんが、
午後のひと時をゆったりとソファーに座っていらっしゃいました。

ここでのスリーAの時間も約30分でした。
数のゲーム、、グーパー、グーチョキパー、
リズムの2拍子・3拍子・4拍子、じゃんけんゲームをしました。

物静かな女性が多いなか、
目の不自由な方がよくおしゃべりしてくださったり、
孤独を愛する男性も先生のお話をよく聞いて、
さりげなく完璧にやっていらっしゃいました。

終わりに1人1人御挨拶をすると皆さん温かい方たちで、
もっとお話ししたい気持ちでした。

福井:ゲームの体制が思うように伝わらずに、
色んな型のソファーに座られていたので、
お手玉回しが出来なかったのが残念でした。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
club11回目の仮設住宅サロン


11月28日(金)は午後から毎月行っている
若林区の七郷中央公園仮設住宅でした。
福井先生と後藤友人の八重さんそして筑波でお邪魔しました。
今日で11回目です。 

いつものお馴染みさん5人が待っていてくださいました。
福井先生の声の調子が悪く、筑波が急遽代役に指名され、
厳しいチェックが入ります。チェックしていただいたことを
ありがたく受け止めて心を引き締めていかないと!

13時半から15時半まで約2時間たっぷりと楽しみました。
最後のじゃんけんで優勝した方のリボンは1本10億円、40本で400億円。

「何に使いますか?」 
「皆さんに家を建ててあげます!」 
大歓声が上がりました。津波被害の方々ばかりでしたから~~

仮設住宅に何時までもいることはできないので
少しつづ引越して行きます。まだ越せない人もいます。 

引越す人も、3年以上住んだここでの人間関係が
ばらばらになって再びゼロから作らなければなりません。

ある意味もっと厳しい環境になります。
新しいところでもスリーAが続けられたらと願わずにはいられませんでした。 


福井:お馴染みなられた方で最高齢者の方は、
最初の頃は殆ど声も出さずに、ニコニコされていただけでしたが、
今回伺って驚きました。しっかり皆さんとコミュニケーションをとり、
歌もしっかり歌って下さっていました。
「お元気になられましたね~」と声をかけると、
「来た当時は、落ち込んでしまって、なにも話せなかったが、
お陰さまでここでゲームをして自信が付きました」と!

アクセスランキング