Powered by Six Apart

« 2016年7月 | メイン | 2016年9月 »

2016年8月

2016年8月30日 (火)

望んでいた涼しさが~

昨日あたりから「涼しい~」

今朝は「さむ~い」

あれほど望んでいたのに、こんな急激な

温度変化は つ ら い !

油断するべからず!

明日から残暑ですって~

なんちゅううこっちゃ~

2016年8月26日 (金)

蝉が~

鳴いて居ません!

夏は終りのようですが、まだまだ暑いです!

今年ほどクーラーのお世話になった年はありません

自宅教室は休止

3年間の頑張りはひとやすみします

私にとっては良い勉強の場でした

しかし3年間通って下さった方(お連れ)との信頼関係が

出来て居なかったことに茫然としています!

私は何だったんだろう?

2016年8月13日 (土)

楽しい時間は~

小さい孫台風が上陸して、

たった3日間で、消滅しました

なんて楽しく 疲れる時間だったのでしょう~

また、この京都南部の気温は36度以上、今日は37度を超えた!

3歳半と6歳の孫は、3日目の今日、疲れて仕舞い

ご機嫌ななめ~~おかあしぁ~ん!おかあしゃ~ん(^^;;;;;

お昼前に全員集合して「ウノUNO」をしました

面白いゲームでした

次はいつ会えるかな?

今頃は、まだ高速道路を走っていることでしょう~

最後まで気を抜かずに 帰って下さいね~

バアバは おやすみなさい!

2016年8月 7日 (日)

体温超えて

京都は、37,9度

ふぅ😵💨

バスを待っている間も

電車の中でも

歩く速度も

私の体調が悪い😭💦💦?

と、心配しましたが、

暑さのせいですね

我が家の室温、37度になったけど

冷房は入れていない!

危ないアブナイ

😵💨ふぅ😵💨

2016年8月 2日 (火)

予防デイサービス「折り梅」見学記

予防デイサービス「折り梅」
見学記 6月28日

NPOスリーA関西支部と名前を頂き、
NPOスリーA本部(静岡駿河区)のことをもっと知りたいと、
認知症予防特化型の予防デイサービス「折り梅」の
見学をして来ました。

スリーA増田末知子理事長からの見学条件は、
「折り梅は10時開始ですが、朝のミーティング7時50分から来て下さい」

 前泊をして仲間の医療大学の先生と向いました。
生憎の大雨の中、1号線の渋滞に巻き込まれて
10分も遅れの8時に到着。小さくなって事務所へ。

 ❀ミーティングの細やかな指導

増田理事長は、総合病院の総看護師長を務めあげた方なので、
病院の引き継ぎと同じようで、
お一人お一人への細やかな指示がありました。

「○子さんの脱水状態を改善させたいので、常に気を配って下さい」

「前回、気になった△氏の足の傷は良くなっていますが、
まだ完治していないので、お見えになったら見て下さいね」

「□子さんの言葉はキツく聞こえるけれど、
大家族で育ち、負けん気が強くて指示をしてしまうのですが、
自分でも“あの人にキツイ言葉を言ってしまったわ~悪かった、
嫌われないかしら?”などと反省しています。
良い人で可愛い方ですから責めないで上げてくださいね」

「◎氏は、便秘で苦労されています。
立ちあがったらそれが合図ですので、トイレへ誘導をしてくださいね」

「なかなか元気の出なかった☆子さん、
昨夜電話をしましたら、彼女自身が電話を取り、
しっかり話しました。随分元気になっていますが、
今迄通り、気を付けて上げて下さい」

「此処に来てから約3カ月経った◇氏、とても良くなりました。
お家での“死にたい”発言は無くなったそうです。
暗くて無口で家族から嫌がられていたそうですが
孫が“ジイジは面白い人だったんだね”とビックリしているそうです。
家族から喜びの声が寄せられていますが、
引き続き、宜しくお願いします」

「そして◇氏は、まだ1人で歩くのは不安定なので、
必ず誰かかが付き添って下さいね、お願いします」

「私(増田所長)は銀行への用事があり、
何時頃、行かせてくださいね、申し訳ありません。
お昼からはケアマネージャー達が来て打ち合わせをしますので、
それも申し訳ありませんが、宜しくお願いします」
…責任者なのに、スタッフへ自分の用事に行くことも
お願いする姿にも感動しました。

最後は、今日のスタッフ達の持ち場のお願いをされていました。

「A先生は、○さんと◇氏のお迎えを宜しくお願い致します。
◇氏は歩けるけれど、脚が上がり難いので、
乗り降りには十分気を付けて上げて下さいね」

すると、スタッフDさんから、
「A先生の車より、私の車の方が、ステップが低いので
◇氏を私がお迎えに行きますが、如何でしょうか?」

「良く気が付いて下さいましたね。A先生、良いですか?
では、D先生にお迎えを頼んだ△さんを、
A先生お迎えに行ってくださいね。宜しくお願い致します」

送迎の人数は少なくて、家族送迎も半数あるようです。

これは、増田所長
「送迎で家族送迎と施設から送迎では、
お仲間さんに格段の違いがある」
良くなる度合いが違うそうです。
勿論、家族送迎が進行予防にも、引き戻しにも
良い結果が目に見えているそうです。

「今日のリーダーはF先生、宜しくお願いしますね」

本当に細かいところにも配慮をした増田所長。
私たちにはさっぱりわからないお仲間さんのことでしたが、
言葉がきつくなる誰それさん、水分補給の必要な誰それさん、
便秘で苦しんでおられる誰それさん、
若年性のアルツハイマーの方々も多いことも判りました。

私たちの立ち位置は~?
スタッフにお聞きしましたら
「ゲームで盛り上げて下さい!」

「それならお任せを~」
お仲間さんと同じ目線で、一日過ごしました。

小一時間のミーティングが終わり、
スタッフたちは「お迎え」組、掃除組、
今日のリーダーは、その準備と走りまわっていました。

―・-・-・-・-・-

ここの予防デイ「折り梅」の特徴は、
「入浴時間」がありません。

日本の習慣の夜に家での入浴を重んじられていて、
代わりに
「状態に合わせての3コースに分かれての散歩」があります。

風呂場は備えています。

認知症進行予防の人それぞれへの細やかな配慮がありました。

12人のお仲間(利用者)さんに対して、
6人のスタッフと増田所長、
とても目が行き届いていると感じました。
それ以上にスタッフ達の機敏な動きにも感動でした。

お仲間さんの様子をみて
「今からデートしましょう~」と男性のトイレ誘導、
「表に出ませんか?」もトイレ誘導。

途中でのお部屋の片づけなども、
計算問題が始まったな、と思う間もなく、
全員で音もなく次のゲームの仕様変更をされる!

お弁当が届くや否や、刻み食にするスタッフ、
お味噌汁を準備、食堂への仕様変更。

私たちゲストへの配慮もありました。
増田所長との打合せでの「お茶」
所長への電話取り次ぎと、休む暇もなく動いていました。

同行した元保健師の仲間は、
「こんなに良く気が付いて動くスタッフたちは素晴らしい!」と。

このスタッフたちへの休憩も細かに計算されていて、
昼食片付けが終わると、20分単位くらいに、
一人づつ他からは見えないところで、休憩をしていました。

また、「折り梅」の人気が半端じゃないようで
「誰かがお休みをする時だけでも、
 通いたい人たちが何人も居られるそうです」

認知症予防に特化したデイサービスですので、
スタッフも忙しいですが、お仲間さんも、
ボーっとしている暇がありません。退屈をする時間がない!

ケアマネージャー・他の施設からの見学者が
「折り梅では皆歩いている~
横になって静養している人も居ない!
穏やかで笑顔でいる利用者さんばかりで、不思議だわ~
認知症の方々なのに~」と。

その理由は、次の機会にゲームと筋力を
考えてみます。

NPOスリーA関西・桜草 福井恵子

アクセスランキング