Powered by Six Apart

« 2016年9月 | メイン | 2016年11月 »

2016年10月

2016年10月28日 (金)

十日間の旅

2012年6月から昨年9月までの
東北地方への支援の旅をして来ましたが

夫はいつもお留守番でした

東日本大震災・津波・原発事故の地を
是非見て貰いたかったので、
名古屋からの太平洋カーフェリーで仙台
⇒東松島市⇒石巻市⇒沿岸部の復興工事を見ながら
気仙沼へ向いました

いつもお世話になる、ボランティア宿若芽さんへ。
若芽さんを宿泊地に、釜石市・大船渡市・陸前高田・中尊寺
などを回る予定です。
9日には、気仙沼の仮設でのイベント「長巻き寿司」に参加!

10日、釜石市の「鉄の博物館」へ。
工夫をされた展示や映像で楽しみました。
帰りには大船渡碁石海岸・居場所ハウス・陸前高田などを回りました
同行者が夕方到着して、賑やかになりました!

スリーA増田方式ゲームは、仮設住宅集会所と災害復興住宅の

新しい集会所の2か所で開催しました

11日、気仙沼の被災地支援で初めて伺った「反松公園住宅集会所」
は、引っ越した方などの歯抜け状態の住宅だそうで、
秋に自力で建設して入居出来るという方、
まだ何処へ行くのか判らない方もいらっしゃるようです。

~~~~~

12日、災害復興住宅の集会所

集まられる方が少なくて心配しましたが、
ゲストの唐桑からの、なみこさんが苦労の末の
津波体験と癌との戦いから復活された体験もお聞きして
まだまだ私なんか ひよっこ!

体験談をお聞きしたくて同行者がインタビューしている間に
夫と私は「津波体験館」へ。折り石見物。

13日は、同行者が帰路に付くので、一緒に
中尊寺経由で一ノ関へ。
中尊寺は駐車場次第で、だらだら登り坂を登らなくて
済むことを知りました!よかったぁ~

中尊寺の帰りに、猊鼻渓の舟くだり~
少々寒くて心配しましたが、北限の舟下りを堪能しました!
北上川の支流の「砂鉄川」の澄んだ水は素晴らしかった
大きなコイが沢山泳ぎ、金銀の綺麗なコイも!
鮭が登ってきて、産卵を終えた鮭が川底に沈んでいるのを
初めてみました!

両側の奇岩石があり、名前が付けられていました

紅葉の季節は素晴らしいとのこと、もう少し後でしょう~

14日は、ボラ宿主人が午前中、
毎日忙しく大変な村上さんが午後
気仙沼を案内して下さいました!感謝感激雨あられ!

夜はお別れの「鍋」

15日、8時に出発して仙台へ11時前に到着!
「いしかり」乗船して名古屋へ

10日間の東北への旅は、あっという間に過ぎました

名古屋からの船旅は、
北海道の苫小牧まで就航しているので~行きたいなぁ~
「夢の旅行としておきましょう~
カーフェリーで北海道一周へお土産は毛ガニとシシャモ」

2016年10月25日 (火)

二年前に書いた「優しさのシャワー」

福井 恵子
2014年10月25日 ·
スリーAの優しさのシャワー

高齢者(お仲間さん)とスリーA脳活性化ゲームの集まりでは、
最初の出会いから大切です!

この方は、どのような歴史のある方なのだろうか?

声をかけるのも躊躇うような厳しい・強い顔つきの方などの
お隣には座りたくない が、その雰囲気は消し去って

「お元気でしたか?」
優しい笑顔で声をかけるのを使命にしています!

使命という大きなことではないのですが、コミュニケーションの始まりです!
自分流の優しい笑顔、笑うのではなく・・・ひょっとしたらその方の重大な局面があるかもしれないから、笑いながらでは 駄目だと考えています。

ほとんどの方が「あ、元気でしたよ~」と返して下さいます。

話が続かないなら
「お元気のようですが、痛みのあるところは無いのですか?」
「若い頃のお仕事は何をなさっていらっしゃいましたか?」
無理に話を引き出すのではなくて、世間話です

自分の話をするのではなく、傾聴に徹します。

笑顔や笑い声が出て、
お話ししてくれるようになれば、私の任務はひとつ完了
話が続きすぎて、ゲームの時間が気になりますが~~~

ゲーム中は、遅れている人が出ていないか、
見渡し「頑張れ!大丈夫!出来るよ~」の
「アイコンタクト」をするのがリーダーやスタッフの使命!

ゲームが終わって、道具の後始末が気になりますよね
でも片付けは放っておいて、お仲間さんとお話しします
「ゲームは如何でしたか?」
「詰まらなかったかと心配です」
「じゃんけん強かったですね!」

ゲーム中のその方の様子をお伝えすると、
「自分のことを気にしていてくれた」と安心感を持たれます

お仲間さんが帰られたり、自分達がお別れするまで
お仲間さんと対話するつもりで、優しい笑顔でいましょう!

始めの頃は、ほっぺがだるかったです。

お仲間さんが笑顔で「楽しかったよ~」「また来てね~」
などと声をかけて下さると

疲れもほっぺのだるさも吹っ飛びます!

~~~~~~~~~

道具の後始末はどうするか?

お仲間さんの姿が見えなくなったら~

お手玉他の道具はくちゃくちゃで箱に入れればOK!
リボンは、大きめの紙袋にそろっと入れて、帰宅後に巻き巻きします。

スリーA脳活性化ゲームは「優しさのシャワー」が大黒柱!

ゲームは目的ではなくて、ツールです。
20種目のゲームをとんとん進めて、2時間過ぎたらOKではありません。
ゲームが出来なくて悶々としている(たった1人の)お仲間さんが居て、
「はい、さようなら~」ではその目的は達せていません。

5種目のゲームしか出来なくても、
お仲間さんへの優しさのシャワーと大笑いがあれば大成功です!

スリーA脳活性化ゲーム、永遠に続きますように。

アクセスランキング