Powered by Six Apart

認知症 Feed

2017年1月14日 (土)

「いまから始めるスリーA」追加日程 2月17日(金)・20日(月)

2月16日と同じ内容で

講演とスリーA脳活性化ゲームを体験して頂きます!

17日金曜日は、地下鉄「後楽園駅」から徒歩5分

小石川大神宮隣の佐々木ビル1F「自然療法サロン凪」

20日JR「大崎駅」徒歩5分

コム・ワーク大崎サロン

内容も同じです、

2016年9月26日 (月)

認知症を差別していませんか?

明日の準備、1週間延びたので、空白があり 
あれ?ですが、大丈夫でしょう~

先日、北海道かの講演会のテーマに
「あなたは認知症を差別していませんか?」と~
これだ! きっとそうなんですよ~

私は、認知症の方々が多くなる現状なのに
社会の常識「認知症は病気」
「認知症は関わり方が大切」にならない
勿論、保健師さんたちは「認知症への啓発活動」を上手に
されていますが、まだまだ物足りなさを感じます。

まずもの忘れや日時の間違いをすると
「認知(症が本来なのに短くして)が入ったわぁ~」
とおどけたように言われる方が多い!

認知症の方にとても失礼だと私は考えます!

高齢者の4人に1人が認知症になると言われる時代、
誰もがなり得る病気(生活習慣病のひとつですからね)

どうぞ認知症の病気を軽く扱わずに、
しっかり向き合いませんか?

スリーA増田方式認知症予防脳活性化リハビリ講座の
重複講座や迫っている講座を控えて、少し苛立っています!

2016年8月26日 (金)

蝉が~

鳴いて居ません!

夏は終りのようですが、まだまだ暑いです!

今年ほどクーラーのお世話になった年はありません

自宅教室は休止

3年間の頑張りはひとやすみします

私にとっては良い勉強の場でした

しかし3年間通って下さった方(お連れ)との信頼関係が

出来て居なかったことに茫然としています!

私は何だったんだろう?

2016年3月17日 (木)

実の姉が~認知症前段階と診断された

今朝のこと、お友だちから
「二人姉妹の姉が、電話の対応もおかしいので~」
「私ね(妹)ちょっと物忘れがひどいから、
 お姉ちゃんのお医者さんに連れて行ってほしい」

と姉の良性脳腫瘍でかかっているドクターに連れて行って貰った

診察室に入り、「姉がこの頃おかしいので、私を出しに来ました」
「良性脳腫瘍の経過をみるのに、1年ごとに来るように言っているが
 4年も来ていないから~」と先生は上手に話して姉妹でMRI

おかしいと感じていたお姉さまの画像は、二人比べると一目瞭然

「今、薬を出すから管理をしながら飲ませるように」

妹は京都、姉は大阪

管理が出来ないなら、薬は出せないと先生の判断で薬を貰えなかった!

姉の次男が近くに居るのをすっかり忘れていて(妹も大丈夫?)
後日、姉の次男(2人は余り仲良くない)にお願いした

妹を口実に、姉が認知症かもしれないと騙されて医者に行った
ことが近所に住んでいる親戚から伝わった(なんちゅうこっちゃ~!)
姉はカンカンに怒って、電話をしてきた!
ほとぼりが冷めてから電話をしようと思っている

こんなあんなを相談された

姉は俳句をしていて、電車で行き来している
幸いに妹友人が居て、句会の様子を聞くと

「会計などをしてくれていたが、同じ質問をしたり計算があやふやなので
 プライドを傷つけないようにとの配慮で、様子を見ている」と親切な対応に感謝

親戚からの思わぬ告げ口、他人さまの温かい関係

色んな事があります~

かかわり方が大切だと聞いているので教えて頂きたい!

「何度も聴く質問には、おなじ答えを何度も答える」
「お姉さんが言うことに反発しない」
「寂しい想い、不安なことは言わない、させない」


ドクターから
「一人暮らしは心配だから、家族会議をして色んなこと考えるように」
とも提案された

~~~本当に身近な認知症の方々が多くなりました!

無事に乗り切れるように祈りたい!

アクセスランキング